二日酔いを予防

辛い二日酔いの症状

セサミンといえば真っ先に思うイメージとして健康増進が挙げられるのですが、それ以外のところでは二日酔いの予防に効くという作用があります。

飲酒量が多く深酒をした翌日に症状が出る二日酔いは非常に厄介ですね。

これまで二日酔いの予防としてはウコンドリンクやシジミエキスなどが効くといわれ、実際に摂取したことがあるという方も多いかと思われます。

一方でセサミンはというと抗酸化作用に注目が集まる中で二日酔いの予防に効くというイメージはないのですが、どのような理由で効果を及ぼしてくれるのでしょうか。

実は抗酸化作用が最も強く効いてくるのは肝臓で、肝臓本来の機能を高める効果が確認されているのです。

セサミンが二日酔い予防に効く理由

人間が摂取したアルコールは肝臓の酵素によりまずアセトアルデヒドに分解されるのですが、通常はその後に酢酸へとさらに分解されて尿などにより体外へ排出されます。

しかしこのアルコールを分解する能力は個々の人により差がある上に、アルコールを飲み続ける中では肝細胞が破壊されるなど機能が著しく低下することがあります。

とくにアセトアルデヒドの段階で分解が中断すると、この物質は頭痛や吐き気などの症状を起こす理由となるのです。

セサミンを摂取すると、肝臓内でアルコールの分解にかかわる酵素の働きを高めるべく細胞レベルで活性化させ、アルコールを速やかに分解すると共に肝臓を傷める活性酸素も除去してくれます

セサミンが二日酔い予防に効くという理由はまさにここにあるのです。

セサミン