更年期障害の予防・改善

更年期障害とは

更年期障害とは、女性が閉経を迎える45歳から56歳ぐらいの間に表れる身体と精神の双方に表れる症状で、体の各所に自覚症状を感じるものの原因がはっきりとしない不定愁訴となります。

この更年期障害は女性の体の転換期に生じるもので、大きな痛みなどが伴うわけではないのですが症状が酷ければ日常生活を送ることが困難なほど状態が悪化するケースもあります。

症状が出る原因として挙げられるのはホルモンバランスが崩れるという点です。

閉経期の女性の体内では卵巣の機能低下により女性ホルモンであるエストロゲンが欠乏することから、心身ともに不調を感じるようになり、およそ20〜30%ほどの女性が症状を訴えるといわれています。

セサミンが自律神経と血管に作用

身体的な症状としては、動悸・頻脈・急激な血圧変化・腹痛・微熱・ほてり・のぼせ・多汗・頭痛・めまいなどから、精神的にも不安定な状態に陥りやすく情緒不安定・不安感・抑うつなどが表れやすく、いかにして予防をすると共に症状を改善させるかが大切になるのです。

そうした時にセサミンを摂取すると、とくに自律神経と血管に作用することが判明しており、双方の働きを正常化すると共に活性化し、更年期障害の症状を予防すると共に改善にも大きな効果が期待できるのです。

すでに病院で治療を受けているという方でも、セサミンはゴマ由来の成分ということで他の医薬品などと飲み合わせで問題になることもありませんので、ご自身でできる予防法や改善法としてセサミンは最適であるといえます。

セサミン