セサミン成分の効果

悪玉コレステロールを防ぐ?

セサミンは、ゴマに含まれている栄養素です。

また活性酸素を抑える働きがあるため老化防止、健康維持に役立つとされています。

更にセサミンはこれらの効果だけでなく研究の結果、悪玉コレステロールが増えるのを防いでくれる効果があることも判明しました。

つまりセサミンとは、健康に役立つだけでなく、病にも効果があるかも? と注目されている成分のひとつなのです。

悪玉コレステロールの抑制、動脈硬化にも役立つという結果も判明しており、この動脈硬化の予防や改善にも役立つのではないかと言われています。

私たちの体に摂り入れるメリットが多い成分であることは間違いありません。

サプリメントでセサミンを吸収

可能性あるセサミンですが、実のところセサミンそのものの形では体内に吸収しても成果はなく、肝臓まで達してはじめて体への効果もでるといわれています。

つまり抗酸化作用があるセサミン以外の成分は通常肝臓まで届かず、血液の中で既に溶けてしまって効果が出づらいと考えられます。

セサミンは唯一血液で溶けず、しっかり肝臓に達して健康や他病への効果もでる唯一の成分と言えるかもしれません。

上記を踏まえて、セサミンは動脈硬化やコレステロールの抑制だけでなく、肝機能を高める効果もあるのではと言われていますから、セサミン成分は私たちの体に良いことばかりしてくれる成分であると言えるでしょう。

「ゴマに含まれているなら、ゴマを食べればいいの?」と思われている方は、ゴマに含まれるセサミンはそのままでは体内へ吸収せず、ただ排出してしまうことをご理解ください。

サプリメントやセサミンオイルが販売されていますから、是非そうした健康食品でお試しください。

セサミン